サイトマップ | プライバシーポリシー | 著作権・免責事項 | お問い合せ | English Site

トップページ学会紹介委員会刊行物会員サービスリンク
学会誌「応用地質」のバックナンバーはこちらから

ニューズリストの登録はこちらから

CPDの取得情報はこちらから

第1回先端技術ワークショップ

テーマ

応用地質分野で使う、役立つ、活躍するドローン

ドローンを利用した映像や写真は、もはや目新しいものではなくなってきました。比較的安価な装置で操縦も簡単なドローンの普及によってこの分野の産業は急速に発展しています。こうした動きの中で、「空の産業革命に向けたロードマップ」では2020年のレベル4(有人地帯での目視外飛行)の実現に向けて、災害対応、物流、インフラ維持管理、測量、農林水産業等の多くの利用用途での活躍が期待されています。一方で、現在のドローン作業は機体そのものや操縦技術に注目が集まり、それによって得られる最終成果品の品質や特徴が十分に理解されているとは言えない面もあります。

そこで、本ワークショップでは、最先端のドローン技術と同時に、応用地質分野におけるドローンの実際の利用例を紹介し、この技術について情報の共有と一層の有効利用に向けた討議を行うことを目指します。

開催概要

  • 日 時:2019年8月6日(火)13:00-16:45
  • 場 所:北とぴあ 第2研修室 https://www.hokutopia.jp/access/
  • 参加費:       
    正会員・名誉会員1,000円
    学生会員無料
    非会員 (※)2,000円
          
    参加費は、当日、受付時に現金でお支払いください。
    ※ 非会員の方で、当日、入会申し込みをなさってくださった方は、正会員あるいは学生会員価格でご参加いただけます。こちらの入会書類にご記入・ご捺印のうえ、当日会場にお持ちください。この機会に、ぜひ日本応用地質学会へのご入会をご検討ください。
  • 定 員:100名(先着順)
  • プログラム              
    12:00 開場・受付開始
    12:50 受付終了
    13:00 開会あいさつ・趣旨説明研究企画委員長
    13:05-13:55【特別講演1】 産業界でのドローン活用動向JDC会長 野波健蔵先生
    13:55-14:45【特別講演2】 UAVの活用による災害対応日本測量協会
    14:45-14:55 休憩
    14:55-15:15【事例紹介1】 ダムに係る調査におけるドローンの活用事例水資源機構
    15:15-15:35【事例紹介2】 土木におけるドローンの活用事例安藤ハザマ
    15:35-15:55【事例紹介3】 環境調査におけるドローンの活用事例茨城大学
    16:05-16:45 質疑応答・意見交換進行:研究企画委員会
    16:45 閉会あいさつ研究企画委員会

    ※ 本ワークショップはCPD対象プログラムです。
    ※ プログラム、講演タイトル、講演者は変更される場合があります。
  • 注意事項
    ・会場の都合で、13時以降は入室できません。参加される方は必ず12:50までに受付を済ませて、ご入室ください。
    ・会場内での飲食は可能です。受付後に会場内で食事をとることはできますが、ご講演中のお食事はお控えください。また、ごみはお持ち帰りになるか、会場内の収集袋に分別して入れてください。
    ・今後のワークショップの開催の参考にするためのアンケートを当日配布いたします。ご協力ください。

ご参加お申込み

こちらのフォームからお申込みください。
フォームからの申し込みができない場合、事務局までメールにてお問い合わせください。