サイトマップ | プライバシーポリシー | 著作権・免責事項 | お問い合せ | English Site

トップページ学会紹介委員会刊行物会員サービスリンク
学会誌「応用地質」のバックナンバーはこちらから

ニューズリストの登録はこちらから

CPDの取得情報はこちらから

概要


1.設立の背景と目的
 環境地質研究部会は、今日の社会情勢を鑑み、平成24年度に新規の常設部会として発足した。そもそも環境地質学の受け持つ分野は広く、地質と環境に関連した様々な事象を扱っている。この際、人が環境や地質に対し、どのように係わっていくべきかを論じる視点が重要である。
 近年、自然災害が増加し、しかも甚大化していることが大きな問題となっている。これらの自然災害から命を守る仕組みや、維持管理技術の構築を含め、人や環境を守っていくことが環境地質の大きなテーマである。地質や地盤に係わる環境の保全に関しても、関心は高まるばかりで、地盤汚染や地下水汚染の問題を始め、多くの相談が市民から寄せられている。これらを解決する方策を提示するのも環境地質のテーマである。また、エネルギーや水資源の問題、生物多様性や地生態系の保全や地球環境全般の大きな課題もあり研究領域は広い。さらに、ジオパークや地質百選のように地質のすばらしいところを積極的に説明する必要性も高まりつつある。今回、これらのテーマをまとめ、環境地質学を研究し、これらの成果を、会員に還元するのはもちろんのこと、市民へアウトリーチすることも大きな活動目的である。

2.研究対象と方針(成果の目標)
研究対象
a) 地盤汚染・地下水汚染(自然由来・放射能などを含む)
b) 廃棄物管理と地質(災害廃棄物を含む)
c) エネルギー問題(自然エネルギーなど)
d) 地球環境問題(地球温暖化・生物多様性・土壌劣化・砂漠化など)
e) 資源と地質(水資源・鉱物資源・都市鉱山など)
f) 開発と環境保全(公害・環境アセス・地盤の熱問題)
g) 維持管理と地質
h) 人間・生活環境と地質
i) 防災と環境保全の共生
j) 応用地生態
k) その他環境地質学に関すること

活動方針(成果の目標)
a) 研究部会は2〜3か月に1回の頻度で開催する
b) 研究部会での話題提供とWG部会の活動
c) 現地巡検
d) 講習会や市民セミナーの開催。特に、環境地質は市民に近い分野であり、広く市民にアウトリーチする
e) 学会誌での講座掲載、シンポジウムの主催や書籍出版

構成メンバー

部会長

稲垣秀輝(環境地質)

副部会長

竹村貴人(日本大学)

幹事

太田岳洋(鉄道総合技術研究所)、高木俊男〔ジオメリット〕(復建調査設計)、舩山淳〔ジオメリット〕(パシフィックコンサルタンツ)、松浦一樹〔ジオメリット〕(ダイヤコンサルタント)

ホームページ担当委員

福田徹也(ニュージェック)

市民フォーラム担当委員

島村雅英(横浜エコアップ研究所)

部会担当調整委員

山本晃(八千代エンジニヤリング)

委員

池見洋明(九州大学)、磯野陽子(エイト日本技術開発)、磯部有作(地層科学研究所)、大谷晃(八千代エンジニヤリング)、塩崎功(安藤ハザマ)、鈴木弘明(日本工営)、田中壮一郎(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)、舩山淳(パシフィックコンサルタンツ)、堀信雄(日さく)、松浦一樹(ダイヤコンサルタント)、秋山克(地層科学研究所)、清崎淳子(エネコム)、中田英二(電力中央研究所)

市民フォーラム2016 in 大阪

テーマ:「足下に隠れた災害リスクと防災 −知って活かそう関西の地盤−」

趣 旨:
 今回のフォーラムでは、震災大国日本の歴史時代の防災学や、無数の地質調査情報から明らかとなった関西の表層地盤とこれらに起こる災害を学びつつ、まさに足下の暮らしに直結する住まいの防災を、各分野で活躍される方々からご紹介頂きます。また、リスクだけでない大地からのめぐみ(ジオ・メリット)を、ここ関西にゆかりのある内容でご紹介します。
 阪神・淡路大震災から21年、東日本大震災から5年が経ちました。そして、またしても熊本で地震が起こりました。天下人、豊臣秀吉も2度の大地震(天正地震、慶長伏見地震)を経験しています。災害は忘れた頃にやってきます。次は明日来るかもしれません。みなさん、防災意識を新たにしましょう。

日 時: 平成28年5月28日(土) 13:00〜17:00  ※開場12:30
場 所: 大阪市立大学文化交流センター 大ホール
    〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-600 (大阪駅前第2ビル6階)
定 員: 100名
参加費 : 無料  ※資料をご希望の方は500円
申し込み〆切: 平成28年5月24日(火)
主 催: 日本応用地質学会 環境地質研究部会
共 催: 協同組合 関西地盤環境センター,関西地質調査業協会,日本応用地質学会 関西支部

お問い合わせ: 日本応用地質学会 環境地質研究部会
  市民フォーラム事務局(八千代エンジニヤリング 大阪支店内)
  担当 山本晃
  Tel 06-6945-9283
  Fax 06-6945-9303
  E-mail ak-yamamoto@yachiyo-eng.co.jp

 【詳しくはこちら】

委員会活動記録

  • 第24回(2016年04月18日)
  • 第23回(2016年02月15日)
  • 第22回(2015年12月14日)
  • 第21回(2015年10月14日)
  • 第20回(2015年08月04日)
  • 第19回(2015年06月08日)
  • 第18回(2015年04月13日)
  • 第17回(2015年02月09日)
  • 第16回(2014年12月08日)
  • 第15回(2014年10月20日)
  • 第14回(2014年08月18日)
  • 第13回(2014年06月16日)
  • 第12回(2014年04月14日)
  • 第11回(2014年02月17日)
  • 第10回(2013年12月16日)
  • 第9回(2013年10月07日)
  • 第8回(2013年08月05日)
  • 第7回(2013年06月03日)
  • 第6回(2013年04月08日)
  • 第5回(2013年01月28日)
  • 第4回(2012年11月12日)
  • 第3回(2012年09月14日)
  • 第2回(2012年07月20日)
  • 第1回(2012年05月21日)