サイトマップ | プライバシーポリシー | 著作権・免責事項 | お問い合せ | English Site

トップページ学会紹介委員会刊行物会員サービスリンク
学会誌「応用地質」のバックナンバーはこちらから

ニューズリストの登録はこちらから

CPDの取得情報はこちらから

概要


1.設立の背景と目的
 地形情報は、地域の社会基盤形成に必須の情報である。建設・防災や環境保全に関わる事業計画・設計の合理性と利便性、工事の施工性、安全性、建設材料の品質・性能など、様々な段階での“あるべき姿”に根拠・必然性を与えるはじめの一歩である。しかし、多くの場合、地形情報は位置図として用いられるか、あるいは地形の表面的な形態・規模を概観するに留まるなど、まさに“はじめに”以上の活用がなされていないというのが実状である。
 地形を地域社会に対する実益を伴う有効な情報源とするためには、地形の形態・規模と発達史的背景、形成営力との因果関係やその工学的評価、地形変化の将来予測等に関わる手法を確立する必要がある。また、近年は観光産業による地域経済の活性化といった社会資本整備も脚光を浴びているが、わが国で伝統的に育まれてきた文化・歴史的遺産も地形と密接な関係があり、その価値を地形の理解なしに計ることはできない。
 応用地形学研究部会は、これらの状況を踏まえ、地形に根ざした社会基盤整備に関する理論と知識を体系化することを目的として設立された。設立当初は応用地形学研究小委員会として発足し、第一期(平成7年〜平成10年度)第二期(平成11年度〜平成18年度)第三期(平成19年度〜平成22年度)の研究を通じて、書籍「山地の地形工学」および「応用地形セミナー 空中写真判読演習」を刊行し、巡検や技術講習会等を実施してきた。さらに、平成23年度からは、学会の研究教育部門および研究部会の再編により、新たに応用地形学研究部会として活動することとなった。

2.活動内容及び成果の目標
 a) 研究部会例会を年間5回程度開催し、話題提供と研究発表を行う。
 b) 例会での討論とWGの活動を通じて、工学的な応用地形学図と、
  地域の文化形成や社会的背景も視野に置いた応用地形学的巡検マップのモデルを作成する。
 c) 応用地形学図や応用地形学的巡検マップのテーマに即した現地巡検を行う。
 d) 技術講習会等を開催し、世代間の技術伝承や、専門分野を超えたアウトリーチを行う。
 e) 研究発表会および学会誌での論文・報告、講座の掲載、シンポジウムの主催や書籍出版を行う。
 
 これらの活動を通じて、地形の技術的意味が一見して把握でき、地形の理解を深く豊かにし、使う人に感動と実益を与えるような、地形情報の提示手法の確立を目指す。


構成メンバー

部会長

向山 栄(国際航業(株))

顧問

鈴木隆介(中央大学 名誉教授)、江川良武(地理研究家)

幹事

中曽根茂樹(日本工営(株))、下河敏彦((株)環境地質)、小俣雅志((株)クレアリア)

委員

足立勝治(アジア航測)、稲垣秀輝(環境地質)、井上 信(ダイヤコンサルタント)、井口 隆(防災科学技術研究所)、上野将司(応用地質)、桑原啓三(国土技術研究センター)、小林 浩(朝日航洋)、品川俊介(土木研究所)、須貝俊彦(東京大学)、津茂樹(建設技術研究所)、津澤正晴(日本地図センター)、 中下惠勇(建設技術研究所)、永田秀尚(風水土)、長谷川修一(香川大学)、八戸昭一(埼玉県環境科学国際センター研究所)、服部一成(日本工営)、檜垣大助(弘前大学)、平野昌繁(大阪市立大学 名誉教授)、目代邦康(自然保護助成基金)、柳田 誠(阪神コンサルタンツ)、八木浩司(山形大学)


応用地質実践講座

本年度テーマ:「地 形」


趣 旨:

 若手技術者の現場を中心とした地質調査・解析技術能力の向上を目的として、「応用地質技術実践講座」を開催致します。今年度は、「地形」をテーマとして、フィールドの達人企画委員と共催で行います。
 講座の内容は、地形学の基礎的から、近年の計測技術の発展による詳細地形図を使用した地形判読まで、応用地形学的な地形の見方を伝授できるプログラムとしています。座学および現場研修では日本応用地質学会の応用地形学研究部会のメンバーが講義を担当します。それぞれの地形種に特化した、濃密な講義となることが期待されます。また、空中写真判読および読図の研修を行い、判読した地形が実際どのようなものであるかを現地で確認する現場研修も組み込み、机上の講義だけではない実践的に役立つ内容としています。

日 時:

第1 回(座学) 6 月21 日(水)
第2 回(座学・判読研修) 8 月 4 日(金)
第3 回(判読研修・現地研修) 9 月21 日(木)〜23 日(土)

場 所:


座学:八千代エンジニヤリング(株)
東京都台東区浅草橋5-20-8 17 階会議室

現場研修:新潟県十日町周辺

定 員:

20〜30 名

募集対象:

実務経験5〜10 年程度の方、地形に興味のある方

参加費:

受講費 1 名あたり30,000 円
宿泊等費用 1 名あたり25,000 円(予定)

申込締切:

平成29 年 5 月 19 日(金)
申込人数が定員になった時点で締め切り

申込方法:

申込用紙に所定の事項をご記入の上、E-mail でお申し込み込み下さい。

申し込み先・問い合わせ先:(担当幹事)

(株)パスコ 技術統括本部 本社技術部 小俣雅志
〒153-0043 東京都目黒区東山1-1-2 東山ビル4階
E-mail: maatsh2843@pasco.co.jp
TEL: 03-6412-2500
FAX: 03-3715-6600
  
【詳しくはこちら】

委員会活動記録

【部会】

  • 第1回部会 2011年11月18日
  • 第2回部会 2012年05月10日
  • 第3回部会 2012年07月20日
  • 第4回部会 2012年09月21日
  • 第5回部会 2012年12月14日
  • 第6回部会 2013年05月10日
  • 第7回部会 2013年07月12日
  • 第8回部会 2013年09月13日(予定)
  • 第9回部会 2013年12月13日(予定)

【巡検】

  • 平成23年度巡検(通算第14回) 2011年12月23日〜24日 宮城県
  • 平成24年度巡検(通算第15回) 2012年10月12日〜13日 北海道南部

2014年長野県北部の地震に関する情報

2014年11月22日に長野県北部を震源とするMj6.7の地震が発生しました。最大震度は長野県長野市、小谷村、小川村で震度6弱を記録したほか、東北地方から中国地方の一部まで広い範囲で揺れが感じられました。被害に遭われた方へ心よりお見舞い申し上げます。
この地震の震央および余震分布は既往調査による糸魚川−静岡構造線北部の神城断層付近に一致し、これまで活断層が分布するとされていたトレ−スに一致して地表地震断層が出現しました。応用地形学会員、大学、研究機関、学会、国の機関、地方自治体で公表されている情報をとりまとめて紹介します。

【学会員の緊急地震調査報告】

●遠田晋次会員が所属する東北大学災害科学国際研究所による
・【速報】「長野県北部の地震にともなう地表地震断層」に関する調査報告
・【速報】緊急現地調査報告 第1報
・城山南西に出現した地震断層
・飯森駅東側の水田に出現した撓曲変形
・道路面および柵の変形、農業用水路が座屈変形している様子

●小松原琢会員が所属する産業技術総合研究所による
・「斜面変動緊急調査報告」

●小俣雅志会員が所属する(株)クレアリアによる
・「緊急地震調査報告」



【大学・研究機関の緊急調査報告、地震に関する情報等】

●東京大学地震研究所
・「長野県北部の地震について」

●京都大学
・2014年11月22日 長野県北部の地震 【地震予知研究センター】
・長野県北部の地震(M6.7)の地殻変動 【地震予知研究センター】
・2014年11月22日に発生した長野県北西部の地震について【地震災害研究部門 後藤浩之】
・長野県神城断層地震による堀之内地区の斜面変状【斜面災害研究センター・自然災害研究協議会】

●新潟大学 災害復興科学研究所
・「2014年11月22日に発生した長野県白馬村を震源とする地震災害」

●名古屋大学
・「2014年11月22日長野県北部地震(M6.8)」

●広島大学 後藤秀昭准教授のホームページ
・「2014年11月22日長野県北部の地震 震源付近の地形情報」

●独立行政法人 産業技術総合研究所 地質調査総合センターによる
・「平成26年(2014年)11月22日に発生した長野県北部の地震の関連情報」

●独立行政法人 防災科学技術研究所
・「2014年11月22日 長野県北部の地震(速報)」



【他学会の地震に関する情報等】

●日本地理学会による
・災害緊急速報 「2014年長野県神城断層地震による災害」

●日本活断層学災害委員会による
・「2014年11月22日22時08分に発生した長野県北部の地震(Mj6.7)に関する情報」



【国の機関・地方自治体による地震に関する情報等】

●気象庁
・「平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について」
・「平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について(第2報)」
・「平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について(第3報)」
・「平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について(第4報)」
・「平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について(第5報)」
・「平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について(第6報)」
・「平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について(第7報)」

●国土地理院
・「平成26年(2014年)11月22日22時08分頃の長野県北部の地震に伴う地殻変動について」
・「長野県北部を震源とする地震に関する情報」
・「だいち2号SAR干渉画像に基づく地表変形現地調査(2014年12月3日作成)」

●地震調査研究推進本部
・「2014年11月22日長野県北部の地震に関する情報」
・「2014年11月22日長野県北部の地震の評価(平成26年11月23日)」
・「2014年11月22日長野県北部の地震の評価(平成26年12月9日)」

●長野県
・「長野県神城断層地震への対応について」