サイトマップ | プライバシーポリシー | 著作権・免責事項 | お問い合せ | English Site

トップページ学会紹介委員会刊行物会員サービスリンク
学会誌「応用地質」のバックナンバーはこちらから

ニューズリストの登録はこちらから

CPDの取得情報はこちらから

平成29年度 定時社員総会およびシンポジウム

日時

平成29年6月9日(金)
11:00〜12:00 定時社員総会
12:30〜13:00 シンポジウム(ポスター)
13:00〜14:00 文部科学大臣表彰受賞記念講演
14:00〜17:50 シンポジウム(講演)
18:00〜    意見交換会

会場

柏キャンパスまでのアクセス

東京大学柏キャンパス 新領域環境棟FSホール
千葉県柏市柏の葉5-1-5
柏キャンパスへのアクセス(東京大学ホームページ)
つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅から東武バス(西柏04または西柏03)東大前または東大西停留所下車
※会場には駐車場がありませんので,公共交通期間をご利用ください

定時社員総会

総会の構成員は役員および代議員ですが,当学会員であれば総会を傍聴することができます

平成29年度文部科学大臣表彰受賞記念講演

講演:「深層崩壊の準備過程と発生場所予測に関する研究」
    京都大学防災研究所 千木良 雅弘 教授

シンポジウム

テーマ:「アウトリーチ de GO 〜社会貢献が切り拓く応用地質学の未来〜」

参加費(予稿集代を含む)

正会員3,000円,学生会員2,000円(予定)

意見交換会

会 場:東京大学柏キャンパス内「プラザ憩い」
参加費:5000円(予定)

CPDH

3.5時間(シンポジウムを聴講の場合)

プログラム

1.シンポジウム開催の主旨

アウトリーチ(Outreach)とは手を差し伸べる意味であり,地域社会への奉仕や普及に関する活動の観点で最近では多用されている.特に科学分野のアウトリーチとしては専門分野に対する研究紹介や専門分野以外の一般に向けた普及講演などがあり,近年では研究者からの一方的発信ではなく一般社会などからのフィードバックが必須となってきている.
翻って,日本応用地質学会では2012年に発信したアクションプランにおいて,U.学術・技術の進歩への貢献に関して“応用地質技術者の育成”やV.社会への貢献に関して“一般市民への啓発・普及活動”を掲げてきており,その成果が着実に結実しつつある.
このような機会を捉えて,アウトリーチに関する委員会,研究部会,支部の活動状況や今後の方向性を報告してもらい,これを踏まえて今後の学会としての活動方針を模索する.シンポジウムでの過程を経て,応用地質技術者への更なる育成や,一般社会への貢献を活発化させることにより,学会員の増加や一般社会からの認知度さらには国際的な認知度を上げたい.

2.プログラム(講演)

シンポジウム「アウトリーチ de GO 〜社会貢献が切り拓く応用地質学の未来〜」
14:05〜14:10 趣旨説明
14:10〜15:00 基調講演「日本応用地質学会がめざすアウトリーチ活動」
   日本応用地質学会前会長・アウトリーチ担当顧問 長谷川修一(香川大学)
15:00〜15:20 「応用地質技術者の技術力向上に向けた応用地質学教育普及委員会の取り組み」
   応用地質学教育普及委員会 情野 隆(日本工営株式会社)
15:20〜15:40 「市民フォーラムによるアウトリーチ」
   環境地質研究部会 舩山 淳(パシフィックコンサルタンツ株式会社)
15:40〜15:50 休憩
15:50〜16:10 「防災教育の実践例から考えるアウトリーチ活動 ―非専門者に対する災害地質教育の体験・問題点―」
   災害地質研究部会 松澤 真(パシフィックコンサルタンツ株式会社)・戸邉勇人(鹿島建設技術研究所)
16:10〜16:30 「土木地質に関するアウトリーチの目的とコンテンツの検討」
   土木地質研究部会 松尾達也(土木研究所)
16:30〜16:50 「H26広島豪雨災害に係る支部アウトリーチ活動」
   中国四国支部 曽我部 淳(中電技術コンサルタント株式会社)
16:50〜17:00 休憩
17:00〜17:50 パネルディスカッション(コーディネーター 長谷川修一顧問)

シンポジウム講演概要

基調講演

「日本応用地質学会がめざすアウトリーチ活動」

日本応用地質学会前会長・アウトリーチ担当顧問 長谷川修一(香川大学)

日本応用地質学会は,学会の将来を託する若い世代への魅力の発信のため,地域に入り,地域に顔の見える形での社会貢献活動が必要と考え,「社会貢献と魅力発信」を推進する特別委員会を設置した.この活動は,本部の常置委員会と研究部会は支援する体制のもと,地域とのつながりが深い支部が中心になって推進しすることによって,以下の2つの効果を期待している.(1)日本応用地質学会員であることに誇りに持ち,地域において専門性を活かした社会貢献の場を提供し,退会者を減らす.(2)シニア会員の社会貢献によって,中高生に応用地質学また地質調査・地質コンサルタント業務への関心を高め,将来に向けて人材確保の種をまく.

シンポジウム講演

「応用地質技術者の技術力向上に向けた応用地質学教育普及委員会の取り組み」

応用地質学教育普及委員会 情野 隆(日本工営株式会社)

応用地質学教育普及委員会は、本学会及び他学会の応用地質学に従事する地質技術者を対象として、技術のレベルアップ、応用地質学の普及・拡大に向けた取り組みを実施している。シンポジウムでは、本委員会が取り組んでいるアウトリーチ活動である「応用地質技術入門講座(ボーリングコアの見方)」「技術者マッピング」「応用地質学の体系化」等について紹介するとともに課題と今後の活動方針、方向性について報告する。

「市民フォーラムによるアウトリーチ」

環境地質研究部会 舩山 淳(パシフィックコンサルタンツ株式会社)

環境地質研究部会では、地域の地質技術者や一般市民を対象に2013年より毎年「市民フォーラム」を企画・実施してきた(横浜、福岡、岡山、大阪、今年の仙台)。フォーラムでは、地域の地盤防災上のトピックスと地質の恩恵(ジオ・メリットと称し学会誌「応用地質アラカルト」でも2014年から連載している)について、有識者、地域の専門家、部会委員らによる講演、パネルディスカッション、アンケート等を実施してきた。開催ごとに参加者は100名を超えるように増加しており、地盤災害や地質に関する市民の関心は高く、これらの内容について報告する。

「防災教育の実践例から考えるアウトリーチ活動 ―非専門者に対する災害地質教育の体験・問題点―」

災害地質研究部会 松澤 真(パシフィックコンサルタンツ株式会社)・戸邉勇人(鹿島建設技術研究所)

我が国では自然災害のリスクが高く,その軽減のためのアウトリーチ活動が重要である.本稿ではアウトリーチ活動の中から,被災地住民と非専門者への防災教育を例に採り上げた.前者として,H18年長野県辰野町の豪雨災害の周辺住民に対し,崩壊危険箇所の抽出結果を示すとともに,その危険性の理解の促進に努めた.後者として,環境技術者及び介護職員を目指す学生に対し,その防災意識と現況の教育制度での問題点を採り上げた.

「土木地質に関するアウトリーチの目的とコンテンツの検討」

土木地質研究部会 松尾達也(土木研究所)

近年、インフラツーリズムやダムカードなどのコンテンツを利用した土木施設のアウトリーチにより、土木施設に対する市民の関心が高まってきている。また、ジオパークなどの地質を対象としたアウトリーチも盛んに行われている。一方、土木施設と地質は密接に関連しているにも関わらず、土木施設と地質を融合させた土木地質に関するアウトリーチはほとんど行われていない。本論では、市民および土木技術者等を対象に土木地質のアウトリーチについて、その目的とそれを実現するためのコンテンツについて検討するものである。

「H26広島豪雨災害に係る支部アウトリーチ活動」

中国四国支部 曽我部 淳(中電技術コンサルタント株式会社)

平成26年8月20日に発生した広島豪雨災害を受け、本学会主催の市民報告会を支部メンバーが実行委員となり平成27年2月に開催した。それ以降、学校関係者からの要望を受けての中高生を対象とした現地出前講座の実施や、出前講座に参加した生徒の発案による防災絵本の共同出版など、派生と深化を続けながら活動は継続されてきた。これら活動の中で見えてきた中高教育課程で進む地学離れの深刻さと、これに向き合う地域に根差したアウトリーチ活動の可能性について報告する。