サイトマップ | プライバシーポリシー | 著作権・免責事項 | お問い合せ | English Site

トップページ学会紹介委員会刊行物会員サービスリンク
学会誌「応用地質」のバックナンバーはこちらから


ニューズリストの登録はこちらから
ニューズリストの登録はこちらから
ニューズリストの登録はこちらから

平成28年度 定時社員総会およびシンポジウム・「平成28年(2016年) 熊本地震」緊急報告会

日時

平成28年6月10日(金)
10:30〜12:00 定時社員総会
12:30〜13:00 「平成28年(2016年) 熊本地震」緊急報告会(ポスターコアタイム)
13:00〜16:30 シンポジウム
16:40〜18:00 「平成28年(2016年) 熊本地震」緊急報告会(講演)
18:10〜    意見交換会

会場

柏キャンパスまでのアクセス

東京大学柏キャンパス 新領域環境棟FSホール
千葉県柏市柏の葉5-1-5
柏キャンパスへのアクセス(東京大学ホームページ)
つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅から東武バス(西柏04または西柏03)東大前または東大西停留所下車
※会場には駐車場がありませんので,公共交通期間をご利用ください

定時社員総会

総会の構成員は役員および代議員ですが,当学会員であれば総会を傍聴することができます

シンポジウム

テーマ:「地下水の見方・捉え方」

参加費(予稿集代を含む)

正会員2,000円,学生会員1,000円
「平成28年(2016年) 熊本地震」緊急報告会の参加費は無料です

意見交換会

会 場:東京大学柏キャンパス内「プラザ憩い」
参加費:5000円

CPDH

4時間(シンポジウムを聴講の場合)
CPDの登録にはジオ・スクーリングネット(https://www.geo-schooling.jp)をご活用ください

プログラム

1.シンポジウム開催の主旨

地下水は我々にとって欠かすことのできない資源であるが,過剰な地下水揚水は地盤沈下や酸欠空気等の問題を引き起こしてきた.また地下水は,地下空間の開発・利用や自然・人為由来汚染物質の移行,地震発生時の地盤液状化,さらに近年に増加している豪雨による地すべりや斜面崩壊にも,大きな影響を与えている.このように,地下水は応用地質学の諸分野と密接にかかわっており,そこに携わる技術者・研究者にとって,地質と地下水挙動の関係について理解を深めることの重要性が一段と高まっている.しかし,これらの諸現象・諸問題は様々な時間・空間スケールで生じる非定常問題であり,状態の変化を適切に捉えて,現象・問題のメカニズムや地下水の果たしている役割を正しく理解することは容易ではない.
本シンポジウムでは,「地下水の見方・捉え方」と題して,これらの諸現象・諸問題における非定常系を理解するための様々な観測や解析の手法や技術,それらの自然災害への適用等について,最近の事例や新しい知見を基本的な概念を踏まえて紹介するとともに,それらの課題について議論する.

2.プログラム

シンポジウム「地下水の見方・捉え方」
13:00-13:05 開会挨拶
13:05-13:50 基調講演「非定常な地下水挙動と応用地質学」
   東京大学大学院 新領域創成科学研究科 梔i朋祥
13:50-14:20 「地下水開発による都市域地下水環境の長期変化」
   国立研究開発法人 産業技術総合研究所 宮越昭暢
14:20-14:50 「二酸化炭素地中貯留における地下水の物理・化学現象」
   大成建設株式会社 技術センター 山本 肇
14:50-15:00 休憩
15:00-15:30 「風化・変質にかかわる地盤・地下水の化学的変化」
   一般財団法人 電力中央研究所 地球工学研究所 大山隆弘
15:30-16:00 「非定常水文過程とマスムーブメント: 観測とモデリングにもとづく新しい斜面減災の方法論構築を目指して」
   京都大学防災研究所 松四雄騎
16:00-16:30 総合討論
「平成28年(2016年) 熊本地震」緊急報告会
16:40-17:00 「2016年熊本地震被害と地形・地質概観」
   福岡教育大学 黒木貴一
17:00-17:20 「平成28年熊本地震による地表地震断層」
   東北大学災害科学国際研究所 遠田晋次
17:20-17:40 「2016年熊本地震による阿蘇カルデラ周辺における斜面変動」
   京都大学防災研究所 松四雄騎
17:40-18:00 「2016年熊本地震による道路のり面斜面の主な被害」
   土木研究所 佐々木靖人

シンポジウム講演概要

基調講演

「非定常な地下水挙動と応用地質学」

東京大学大学院新領域創成科学研究科 梔i朋祥

地圏を高度に利用する場合や,自然災害の原因を把握し対策を進める場合には,特に地下で起こる動的な事象についての理解を深めることが重要になる.地下水は,地圏環境を移行する主要な物質であり,その移動速度は遅いとされるが,地下水流動に伴う現象の把握においては,時間とともに変化する非定常な系としてとらえることが有意義になることが多い.ここでは,地下水の挙動と地球表層環境の変化に着目をした沿岸域の地下水流動に関する研究と,地下水の挙動と人間活動に着目をした地下水資源管理に関する研究とを紹介し,動的事象として地下水挙動を理解することの重要性について考えてみたい.

シンポジウム講演

「地下水開発による都市域地下水環境の長期変化」

国立研究開発法人産業技術総合研究所 宮越昭暢

国内各地の都市域では,過剰揚水に起因する地盤沈下の監視を目的として地盤沈下・地下水位観測井群が整備され,長期の観測データが蓄積されてきた.これら観測井群は,複雑かつ非定常な都市域の地下水環境を捉えるための「窓」と言える.演者らは,地下水環境変化の評価指標として地下温度に着目し,首都圏において観測井群を活用した地下温度プロファイルの定期的な測定や高精度モニタリングを実施している.その結果,都市化に伴う地下水流動の変遷が地下温度分布に大きな影響を与え,現在も変化し続けていることが明らかとなってきた.本発表では,これら観測データに基づいて都市域特有の地下水環境の長期変化について紹介し,観測を継続することの重要性についても述べる.

「二酸化炭素地中貯留における地下水の物理・化学現象」

大成建設株式会社 技術センター土木技術研究所 山本 肇

二酸化炭素回収貯留技術(CCS)は,火力発電所などの排ガス中から分離・回収したCO2を地下深部(約1km以深)の地層中に圧入し,大気中への排出を抑制する地球温暖化対策である.地中に圧入されたCO2は,泥質の低浸透性地層の下に物理的に封じ込められるほか,地下水への溶解や水−岩石反応による炭酸塩鉱物化など,様々な物理・化学現象を通じて長期間地中に固定化されると考えられている.本講演では,それらの物理・化学現象を概説した後,室内試験や数値解析を通じた検証と課題について述べる.

「風化・変質にかかわる地盤・地下水の化学的変化」

一般財団法人電力中央研究所 地球工学研究所 大山隆弘

岩盤が風化作用をうけるとき,間隙率の大きい堆積岩では地下水の浸透に伴い酸化や溶解などの化学的風化作用が顕著に生じる.このような現象を,フィールドにおいてボーリングコアやトンネル坑壁の岩石を利用して調査を行い,岩石と地下水(間隙水)の両者の性質の変化を明らかにしてきた.特に,天然の地山の長期間の風化と,掘削された岩盤表面の急速な風化の,置かれた環境の違いによる風化のメカニズムの違いや,その変化の速度等について紹介する.

「非定常水文過程とマスムーブメント: 観測とモデリングにもとづく新しい斜面減災の方法論構築を目指して」

京都大学防災研究所 松四雄騎

豪雨に伴う斜面崩壊は非定常的な降水浸透によって引き起こされる.ある場所でどのようなタイプの斜面崩壊が発生するかは,斜面の水文地質構造に依存する.斜面表層を覆う土層に大部分の降水が貯留され,浅層を通って流出する場合は表層崩壊が,基盤岩が大きな水貯留能を持ち,深部の地下水帯を通じて流出する場合には深層崩壊がそれぞれ想定される.それらの地盤における降水の浸透−貯留−排出システムは非定常系であり,観測データの取得とそのモデリングが斜面崩壊予測において鍵となる.本講演では近年の研究事例を紹介し,表層崩壊および深層崩壊に対する新しい斜面減災の方法論について述べる.

「平成28年(2016年) 熊本地震」緊急報告会 展示ポスター

2016年熊本地震における熊本市内の地下水位変動の概要

鈴木弘明(日本工営)・林 武司(秋田大学)・日本応用地質学会地下水研究部会

2016年4月熊本地震による地表変状−多時期のLiDAR DEMデータ解析による地表変位抽出およびSentinel-1衛星干渉SAR解析による建物被害分布

向山 栄・高見智之・本田謙一・浅田典親・佐藤 匠(国際航業株式会社)

大地の成り立ちから熊本地震災害を考えるー今後のアウトリーチ活動に向けてー

長谷川修一・山中 稔・野々村敦子(香川大学工学部)

平成28年(2016年)熊本地震における上空からの緊急調査

高山陶子(アジア航測株式会社)

熊本地震に伴う阿蘇山中央火口丘群で発生した斜面変動について

長谷中利昭(熊本大学)・田島靖久(日本工営)・鳥井真之(熊本大学)

平成28年(2016年)熊本地震で出現した地表地震断層

小俣雅志・谷口 薫・郡谷順英・頓田修一朗・榊原庸貴(株式会社パスコ)

平成28年(2016年)熊本地震で発生した地盤災害判読

森 良樹ほか(株式会社パスコ)

熊本地震災害調査概要(その1)立野周辺の斜面災害について

災害地質部会熊本災害調査団

熊本地震災害調査概要(その2)京都大学火山研究所周辺の斜面災害について

災害地質部会熊本災害調査団

熊本地震災害調査概要(その3)山王などその他の斜面災害について

災害地質部会熊本災害調査団

熊本地震災害調査概要(その4)阿蘇カルデラ内に生じた陥没性断裂の周辺に生じた変状について

災害地質部会・九州支部 熊本災害調査団

九州横断ルートと自然災害に関する応用地形学的研究 肥後との比較

日本応用地質学会応用地形学研究部会

「平成28年熊本地震」で発生した地表地震断層の分布と特徴(速報)

「平成28年熊本・大分地震」災害調査団(九州支部ワーキンググループ,地震断層調査班※)
※矢野健二((株)ジオテック技術士事務所),花村 修((株)九州地質コンサルタン ト),矢田 純((株)カミナガ,元浦哲郎,津田圭祐(日本地研(株)),池見洋明(九州大学),牧野隆吾(日鉄鉱コンサルタント(株)),山田好之助,永田和久((株)藤永地建),品川俊介, 松尾達也(土木研究所),長谷川清史((株)建設技術研究所),清田泰行((株)アサノ大成基礎エンジニアリング)

「平成 28 年(2016 年)熊本地震」で発生した斜面崩壊の分布と特徴(速報)

「平成 28 年熊本・大分地震」災害調査団(九州支部ワーキンググループ,斜面崩壊班※)
※山本茂雄(中央開発(株)),池見洋明(九州大学),撰田克哉(日本地研(株)),奥野 充(福岡大学),徳田充樹(新地研工業(株),碓井敏彦(新日本グラウト工業(株)),藤野 晃(第一復建(株)),矢野寛幸((株)アサノ大成基礎エンジニアリング),島内 健(日本地研(株))