サイトマップ | プライバシーポリシー | 著作権・免責事項 | お問い合せ | English Site

トップページ学会紹介委員会刊行物会員サービスリンク
学会誌「応用地質」のバックナンバーはこちらから

ニューズリストの登録はこちらから

CPDの取得情報はこちらから

令和2年度定時社員総会およびシンポジウム

 6月19日(金)に予定しておりました令和2年度シンポジウムは,新型コロナウィルス感染症拡大の状況を考慮し延期を決定いたしました。新しい開催日時・会場・内容など決まり次第、ホームページ・ニューズリストでお知らせいたします。
 なお、同日に開催予定の定時社員総会は規模を縮小しての実施を検討中です。会場・実施方法など変更となる可能性がありますので、詳細が決まり次第、ホームページ・ニューズリストでお知らせいたします。

日時(予定)

柏キャンパスまでのアクセス

令和2年6月19日(金)
10:30〜12:00 定時社員総会<規模を縮小しての開催を検討中.開催日時,会場など変更となる場合があります>

12:00〜12:30 日本応用地質学会表彰 表彰式<中止>

13:20〜17:35 シンポジウム<延期:開催日未定>

17:40〜17:50 将来構想委員会準備会からの報告<調整中>

18:00〜20:00 意見交換会<中止>

会場(予定:変更となる場合があります)

東京大学柏キャンパス 新領域環境棟FSホール
千葉県柏市柏の葉5-1-5
柏キャンパスへのアクセス(東京大学のホームページ)
つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」から,東武バス(西柏04または西柏03)「東大前」または「東大西」停留所下車.
※詳細は,東京大学のホームページをご確認ください.

定時社員総会

総会の構成員は役員および代議員ですが,当学会員であれば総会を傍聴することができます

シンポジウム(延期)

テーマ:「応用地形学の新たな展開―ハザードマップの示すべきもの―」

参加費(予稿集代を含む)

正会員3,000円,学生会員2,000円(予定)
 受付で会員証の提示にご協力くださいますようお願いいたします.

プログラム

シンポジウムは延期となりました(開催日未定)

1.シンポジウム開催の趣旨

日本応用地質学会応用地形学研究部会では,頻発する自然災害に対しては,学会調査団の構成員として精度の高い航空写真や衛星画像といった初期段階の情報提供を行ってきた.また,現場情報を解析して,地形災害に対して二次被害の発生を防ぐより精度の高い情報を提供したり,広域的な地形の視点から被災状況の全体像の早期把握に貢献してきた.また,地形を社会の豊かな資源としてとらえることを目標に掲げ,各種の地形表現を通じて歴史的な遺構や古道などの抽出,災害に対する立地条件や時代変遷について検討する活動も続けてきた.本シンポジウムは,それらの経験を生かして,近年頻発する自然災害に役立つ応用地形学の新しい展開について議論してみたい.地形地質情報をいかに的確に表現して,わかりやすく伝えるかということは応用地形学の重要な役割であると考えている(ハザードマップにどのような情報を盛り込んでつたえたらよいかなど).日頃研鑽している応用地形学・災害地質に関する研究成果を会員ひいては社会に還元することを目的とする.話題提供では,2018年に引き続き発生した令和元年台風19号等についての災害調査団の活動成果も交え,頻発する自然災害にどのように備えるかを討論する.
※当日は「令和元年台風19号等災害調査団」の中間報告はパネル展示を行う予定

2.プログラム

シンポジウム「応用地形学の新たな展開―ハザードマップの示すべきもの―」
13:20〜13:25 開会の挨拶
 第1部 特別講演
13:25〜14:25 特別講演「(仮題)ハザードマップの新たな課題」
  土屋信行(公益財団法人リバーフロント研究所)
 第2部 話題提供1(14:30〜)
  「台風19号等災害調査団中間報告―土砂災害―」
   災害地質研究部会調査団 稲垣秀輝(環境地質)
  「台風19号等災害調査団中間報告―洪水災害―」
   応用地形学研究部会調査団 中曽根茂樹(日本工営)
 第3部 話題提供2
  「地形表現技術の活用例―地形災害をさけた山間部の古道立地―」
   足立勝治(プライムライン)
  「衛星による微小な地表変状の抽出―ハザードマップにどのように生かすか―」
   小俣雅志(パスコ)
  「地形判読技術の継承―ハザードマップ作成の観点から―」
   小林 浩(朝日航洋)
  「地形資源と土地利用状況―ハザードとリスクの観点から―」
   本間 勝(明海大学)
  「被災経験から学ぶ今後の防災・減災対策の在り方」
   野々村敦子(香川大学)
  「ハザードマップに生かす地形表現技術と応用地形学図」
   向山 栄(国際航業)
 第4部 パネルディスカッション(〜17:30)
  テーマ「ハザードマップに示すべきもの」
  
17:30〜17:35 閉会の挨拶